RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

優雅で感傷的な?MASUろぐ

No judgement Only acceptance!(NativeAmericanより)
最初は六爻占術のことを書いてたんですが現在は、占い、不思議、その他で書いてます。
表題は高橋源一郎著「優雅で感傷的な日本野球」('87)の真似
<< タバコに匹敵する税源 | main | 人工地震!! >>
地球が静止する日
地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]
地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]おすすめ平均 starsなにがしたいかstars月光蝶である!!!stars特撮も観るべきものないし・・・。starsキアヌとジェニファーのファンにstarsオバマ政権のプロパガンダ映画?Amazonで詳しく見る by G-Tools


キアヌ・リーヴスの”地球が静止する日”は上記のDVDで見られるわけですが、
キアヌとeccoとで今現在実際に起こっているシンクロ話についてはeccoに行かないと聞けません(笑)(※注意 現在eccoはありません。)
こんな事 ↓ が起こって電気が使えなくなったらまさに地球が静止する日になっちゃいます。

リアルスポーツ - 太陽が牙むく?2012年“人類滅亡” より引用

マヤ文明の歴史においては、人類は今までに四つの太陽時代を体験しているとされており、現在は「第五の太陽の時代」であるという。第五の太陽の時代とは、マヤ暦において歴史上最後の時代であるといわれ、この時代が終わるときこそ人類の歴史が終わるときであると伝えられている。人類滅亡の日は定められており、マヤの大周期によると5125年といわれており、現在使われている太陽暦に換算すると2012年12月22日。この日にマヤの暦が終わっている。これが2012年問題の根拠となっている。
また、2009年には計ったかのようなタイミングで、皆既日食が起こった。皆既日食は古来より凶事の前兆であると伝えられてきたが、現実の世界でも皆既日食の起こる年には災いが各地で起こっている。1936年に北海道で皆既日食が観測された際には2・26事件が発生。1963年にはアメリカでケネディ大統領が暗殺された。2001年には北アメリカ南部で金環日食が観測されたのと同時期に9・11テロが勃発。2008年にロシアとモンゴルで皆既日食が観測されたときは、ロシアのプーチン政権が幕を下ろしている。


2009年の日本は衆議院選挙によって、
自民党政権が幕を下ろし100年近く続いた官僚制中央集権国家体制の崩壊が起ころうとしています。
が、
別に凶事でもないかと思います。
プーチンなんかは禅譲して院政状態のようですから大事でもなかったし・・・
 
 
 このように不幸の前兆と思われる事象が重なっているなか、2012年に起こると言われている人類滅亡は太陽によってもたらされるのではないかといわれている。その説によれば、太陽フレアによって地球に破壊的な影響が与えられるのではないかとのことである。これはオカルト的な仮説ではなく、NASAの管理下にあるチームによって発表された論文にある説だ。この説を要約すると、平常時には太陽フレアの影響を防ぐ役割を果たしている磁気シールドに大きな穴が開き、その穴から太陽フレアが地上に降り注ぐのではないかというものである。太陽フレアから放出される多大なエネルギーは世界中の高圧変圧器を破壊し、ライフラインの一つである電力網を完全に停止させるといわれている。その影響により、あらゆる通信網が混乱に追い込まれ、飛行機などは管制塔から指示を受け取れなくなる。他にもシステムで運行管理していた地下鉄や鉄道などが各地で暴走。コントロール不可能になった気象衛星や軍事衛星は地球に落下する可能性もある。
| 不思議 | 01:17 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
キアヌとECCOのシンクロというよりもキアヌに関する情報とECCOがシンクロしているということですね(笑)。
彼とECCOが直接関わっているわけではありませんから。

いずれにしてもマヤの暦の終わりを人類の滅亡と捉える系の情報はあまりにも単純で無責任だというのがECCOの立場ですね。

それは人類史を創ってきたあるパターンの終焉であり、それまでのパターンでは捉えられない新たな人類史の始まりである、と捉えることもできるわけですから。

ではそのパターンとは何か?

キアヌ絡みでいえば「マトリックス」こそが終焉すべきものと言えるでしょう。

ではそのマトリックスとは何か?

「愛」や「思いやり」の対極にある「恐れ」に基づく「物質主義」、そこから派生する「我欲」「執着」「嫉妬」「不信」等々のエネルギーフィールドに縛られることです。

一般にぼくらの知らされている人類史はこのエネルギーフィールドに絡め取られながら現在に至っていると考えられるけれど、そこから本質的に目覚め始めた人々が世界のあちこちでこれまでになかったレベルで次々に出てきていると、ECCOは感じています。

ですから2012年は「人類の新たな目覚めのとき」だと実感しています。客観的に提出できる根拠はありませんが(笑)。

いまネットやマスゴミを通じてアセンション問題で世の中を混乱させているエネルギーフィールドこそ先のマトリックスであり、ここにどっぷりつかっていると目覚められないのにな〜 とも思いながらECCOはせっせと「自分と向き合って目覚める人」のお手伝いをさせていただいているわけです。

そう言う意味ではキアヌの様々な映画のテーマとシンクロした活動をしているといえるわけですね(笑)
| 宮部 | 2009/09/04 7:57 AM |

あ、さきほど”2012年は「人類の新たな目覚めのとき」だと実感しています”と書きましたがより正確には、
”2012年は目覚めた人々が特定の数に達してマトリックスのあり方が従来のようには機能しなくなりはじめる節目となるとき”だと実感しています。

だから”マトリックスにしばられたかたちでの良い夢を見たい人”には大変つらい世の中になるかもしれません。というかすでにそれが世界的に始まっている、ということですが。

いずれにしても目覚めたくない人に客観的に示せる根拠はありませんが(笑)
| 宮部 | 2009/09/04 8:08 AM |

あ、(しつこい)太陽フレアの話、といえば・・・一ヶ月ほど前にニコラス刑事主演のなんとかって映画がそれをやってましたね〜(まじタイトルが思い出せません 汗) 

映画の終盤にリアルに地球が太陽フレアによって破壊されるシーンを描いてました。

それから、仰々しい大規模な破壊映画を得意とするなんとかっていう監督(これもまじ思い出せない 汗)が正しく「2012」というそのままズバリな映画を撮りましたね。

こういうハリウッドが仕掛けるリアルイメージの浸透もマトリックスを補強するツールなので要注意ですね。
| 宮部 | 2009/09/04 8:21 AM |

まぁ体が透明になって・・・

というのではなくて、
価値観の大転換が起こるんじゃないかなぁ
とは思います。
 
タンクに何百回も入っている人が偉いとか(笑)
ま、
そもそも他人と比べることが無くなるんだろうと思いますけど。
| masu | 2009/09/04 11:24 AM |

肝心なことを書き忘れていましたが、なぜマヤ暦が2012年で終わっているのかということについて、これはやはり時間に対する認識が変わる大きな分岐点というこtですかね。

実際、ゆだねられるようになればなるほど多次元的な世界へ感覚的に開かれていくようになります。

潜在意識の深いレベルではあらゆるものが交差していることが実感されてきます。

その現実的な認識の現れがいわゆるシンクロニシティですね。

共時的な事象が現実認識のベースになる、ということは線的な時間認識ではなくなる、ということですからね。

ま、これらもわかる人にしかわからない話かもしれませんが・・・・なんとなく感じてほしいですね(笑)
| 宮部 | 2009/09/04 12:19 PM |










http://blog.masu.us/trackback/893964