RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

優雅で感傷的な?MASUろぐ

No judgement Only acceptance!(NativeAmericanより)
最初は六爻占術のことを書いてたんですが現在は、占い、不思議、その他で書いてます。
表題は高橋源一郎著「優雅で感傷的な日本野球」('87)の真似
<< 本当に日本で大災害あるカモ | main | ジュセリーノ特番 >>
神戸大震災の謎
神戸の震災は、私が大学を卒業して最初に入ったコンサルティング会社を退職する3日前。
当時私は横浜に住んでいましたが、妹は大学生で神戸で一人暮らしをしており、まさに震災のど真ん中。妹が5時間前まで一緒に居た友達はアパートの下敷きになり圧死。。。

そんな神戸の大震災までこんな風にやられていたとは。。。

リンク先には某宗教団体のトップが予言として神戸大震災の事を事前にアナウンスしていたようですが、彼らはいろんなところに潜入して情報収集していましたから、米国からのリアルな情報を入手してたんでしょうかね。

神戸地震の謎
地震兵器に用いるエネルギーの中で、極め付けはニコラ・テスラが発見したスカラー波(これは嘘。大昔から研究している。東洋では「気」と云った。只この研究は、神の許可無しでは研究はしてはいけないと戒めがあった。只それだけである。今、此の研究が許されている場所は千乃正法である。千乃先生の所に神(エホバ)が存在している!忍)である。磁束密度の国際単位「テスラ」にその名が残り、テスラ変圧器で知られるニコラ・テスラ(1857〜1943)は、旧ユーゴスラビア(現在のクロアチア)で生まれた米国で活躍した電気工学者で、その発明の才はエジソンを凌ぐ。
 1884年に米国に渡ったテスラは、”発明王”エジソンの下で働いた。テスラは、エジソンの直流発電に対して交流発電を主張した。交流の方が、火花の発生による損失が少ないのである。エジソンとテスラは、「両雄並び立たず」というか、ほどなく別れた。が、現在の発電はテスラの主張を採用して、交流方式で行われている(だから、電力会社が密かにスカラー波を研究しているのではないかと問題になっている。これは兵器である。神の許可無しで研究しているのである。もしスカラー波(気)の悪用を許すならば、最終的に宇宙戦争もあり得る。スカラー波の悪用は気象武器となり、又自然災害(火山爆発、地震)が人工的に行うことが出来る。そして、これは基本的に重力波であるから、地球の重力バランスの問題も出てくる。重力バランスが崩れると地球そのものが太陽に呑み込まれてしまう。全人類滅亡してしまう!忍)。
  そのテスラは、1896年にニューヨークの自分の研究所である実験を行っていた。研究所の中央にある鉄柱に小さな機会振動子をねじ込んで、機械的強震の実験をしようとした所、研究所内の別の機械を共鳴させ、底がうなり、窓ガラスが鳴り出した。揺れはどんどん激しくなり、ビルが崩れるかと思うほど震動したばかりか、マンハッタンに1角に不気味な音がとどろき、他のビルの窓ガラスが割れ、ガス管や水道管まで次々と破壊した。騒ぎを聞きつけて出勤した警官は、”震源”がテスラの研究所である事を突き止めて飛んできた。街の騒ぎを知って驚いたテスラは、咄嗟にハンマーで実験装置を打ち砕いた。途端にニューヨークを震撼させた地震は、ピタリと止まった。
 だが、「現在の秘密の技術はもっと進んでいて、離れた空間(地中でも水中でも)に現在の科学では未知の複数の波(縦波の重力波・スカラー波)を干渉させる事によってその事は[人工地震]可能であるといわれている」(実藤遠『ニコラ・テスラの地震兵器と超能力エネルギー』たま出版、平成7年)。天才テスラの数多くの発明・発見は、FBI(連邦捜査局)だかフリーメーソンだかが買ってしまったという噂がある。


「日米防災会議は本当に偶然か?/広島・長崎・・・そして神戸」の頁では、平成7年1月20日付け「日刊ゲンダイ」の「死者3千人の惨事は”人災”だ/現場を見た外国専門家が断言」の記事を引用する。
 
●オウムは、神戸大震災が地震兵器によって起こされる事を知っていた!?
 一方、『日出づる国、災い近し』の『初めに』には、次の一文が載っている。
 「神戸は実験台にされた!

 『おりしも』大阪では日米防災会議が開かれていた。つまり、地震等の防災の専門家が集結 していたのだ。彼等は震災後直ぐに神戸入りし、その被害状況を詳しく調べている。そして、 救援活動には一切関わる事なく、神戸を離れ、日本の建築の不備だけを指摘しているのである。
  震源地に隣接する大阪で、地震発生まで『待機』していた彼等には、地震発生『予定』日がわかっていたのだろうか」
| 不思議 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.masu.us/trackback/742729