RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

優雅で感傷的な?MASUろぐ

No judgement Only acceptance!(NativeAmericanより)
最初は六爻占術のことを書いてたんですが現在は、占い、不思議、その他で書いてます。
表題は高橋源一郎著「優雅で感傷的な日本野球」('87)の真似
<< 新シューマンウェーブジェネレーター(SWG) | main | ロプタス買ってみた >>
ジュセリーノ先生2007年大予言!!
以前から、このブログでもご紹介している 
ブラジルの予言者ジョセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースさんの
新しい予言がアップされていました。
以下が2007年予言の月別詳細です。

3月に日本で地震 と書いてありますが、能登ではなくて東京と書いてますね。

たま出版 韮澤潤一郎コラム: tamabook.com

2007年の予言
──── ジュセリーノ・ダ・ルース ────


予言というものは、「石に刻み込まれた変更の効かない言葉」ではありません。

それはひとつの人類のカルマの帰結として、近い未来に大きな変化が起きることを示しているのです。それらの変化が、暗闇の時代になるか、光に満ち溢れた平和な愛の時代になるのかは、偏に私たちにかかっているということなのです。

これらの予言からあなたが引き出せる最も重要な言葉は、

「これらが現実になる必要はない」 です! 

予言の内容は石に刻まれたものではないのです。 予言は確定ではありません。
今のまま何も変わらなければ起きる可能性なのです。
人々が姿勢を変えて、創造主へ祈りをささげ、ことが起きる前に自身の自由意志でカルマの形式を変えるなら、予言はいつでも和らげたり、逆戻りさせることができるのです。

本当のところは、予言の真の意味は教えられなかったかもしれません。それは、人生のスクリーンに、もしあなたが妨げることをしなかったら何が起きるかを見せることなのです。
世界のスクリーンに映っている数々の出来事が近づいていることを見れば、その時代の合図に基づいて、発生する時期は簡単に計算できます。すなわち、それらの状況は形式を変える必要があるのです。

なぜなら、もし形式を変えることをしなければ、それは物質化したカルマの反映としての予言をあなたは見ることになるのです。それではこれから2007年に起きるであろういくつかの予言を述べます。しかしこれらは一年間に出される予言の0.5パーセントにも及びません。

■ 1月 ■
◎ ブラジルの空港事情の混乱が続く、特に旅行から帰国する人々の反感が増える。
◎ デング熱病の問題が深刻になってくる、そして既にIVやVのタイプが存在するがまだ国民に知らされていない。
◎ ブラジリアでまたも汚職事件のスキャンダルが発生。
◎ フセインの死刑が実行された後、イラク国民の反発で数十人が死亡する
◎ 前年よりひどい干ばつでブラジル南部が大きな損害を受ける。
◎ インドネシアで強い台風が死亡や被害をもたらす。
◎ シリアで反乱、大騒動が起こる。

■ 2月 ■
◎ ハイチで殺人事件が多発するが、これは後に明らかになる(政治家などが関与している)。
◎ 喘息(健康)問題がブラジルで増えるが、これに対抗する予算が少ない。
◎ インディオの居留地(アマゾンやロライマ)のイアノマミ族でマラリア病が増加して深刻な問題になる。
◎ イラクでは内戦が強まる。そして新たなテロ攻撃が起きる。
◎ チャド(アフリカ)では反分離主義者が大きな恐怖を与える。
◎ 出血性デング病はブラジルの多くの地域で大問題になる。
◎ リオのカーニバルでベイジャ・フロール・サンバ学校が優勝濃厚

■ 3月 ■
◎ イギリスは高温や水不足が深刻な問題となる。そしてフランス、ポルトガル、スペインも影響を受ける(水の消費制限が起きる)。
◎ 日本で地震があり、東京がパニックになる。
◎ パレスチナとイスラエルの対立が激しくなり、多くの死者が出る。イスラエルの首相を殺害する計画がある。
◎ アマゾンの木材売買はその地域を守るべき当局者たちが関与して行われている。
◎ アルゼンチンで宣言が発表されて、新たな危機が起きる。
◎ 地球温暖化のためグリンーランドで新たに氷のブロックがはがれる

■ 4月 ■
◎ リオ・デ・ジャネイロで麻薬取引集団の攻撃があり、多くのパニックが引き起こされる。
◎ インドネシア、中国、そしてマレーシアで新たな鳥インフルエンザ問題が起きる。
◎ 大嵐がサンパウロ州やリオ・デ・ジャネイロを直撃、そこで出血性デング病問題が起きる。また北部でも多くの問題を抱える。
◎ ボリビアやチリで大きな抗議行動が起る。
◎ トルネードがアメリカの多くの都市を直撃、国全体に混乱や破壊を及ぼす。
◎ 22日以降、ブラジルの北東、北、南東、そして南部が大雨に見舞われ、大洪水や大嵐になる。

■ 5月 ■
◎ ドイツ、モルダビアなどヨーロッパで大洪水が起きて多くの死者が出る。
◎ ブラジルで健康や労働問題に関する大スキャンダル(判決の売買)が起きる、等々。
◎ ブラジルで多くの諸問題が自動車工場に影響し、ストライキが予定される。また非土地所有者による反政府暴動が南部、南東、そして北部に広がる。
◎ 地震がコロンビアを直撃し、住宅が破壊されて多くの死者が出る。
◎ 南アフリカで数十人もの誘拐事件がある、このような暴力が驚くべき数字に達している。
◎ ブラジルで雨のため洪水が多発する。
◎ パキスタンで暴力事件やテロ攻撃で多くの死者が出る。

■ 6月 ■
◎ ブラジルのパラナ州やマトグロッソ州の農業に口蹄疫(こうていえき)の影響が出だす。
◎ アメリカやフィリピンをハリケーンやトルネードが襲う。
◎ ブラジルの至る場所で拘置所の暴動など反乱が起きる。
◎ 汚染によってサンパウロ州で子供たちに呼吸問題が増える。
◎ アメリカから来る渡り鳥によってブラジルでの鳥インフルエンザが広まる。
◎ インドネシアで地震が起き、津波の恐れもある。

■ 7月 ■
◎ コンゴで火山噴火が起き、危険地域の人々が避難する。
◎ 中国は洪水によって数千人が死亡し、大きな問題となる。
◎ 北朝鮮がアメリカに対し挑発に出る。一方、北朝鮮国内で多くの反乱が起きる。
◎ イギリスで大きな熱波被害が発生する。また新たなテロ攻撃が計画される。
◎ スペインでは皇室を誘拐しょうとする組織が動く。

■ 8月 ■
◎ パキスタンで地震によって数千人が死亡する。
◎ エジプトで政府関係に対するテロ攻撃がある。
◎ アメリカで爆弾騒ぎが発生し、旅行客や観光事業に混乱が出る。
◎ トルコで数千人が地震によって死亡する。
◎ ブラジルのアクレ州とマトグロッソ州の洪水で家屋の流出があり多くの死者が出る。
◎ ブラジルのサンタカタリナ州、パラナ州、リオグランデ・ド・スール州で激しい強風が吹き荒れ混乱をもたらす。
◎ インドネシアのバリで爆弾テロの計画がある。
◎ レバノンでテロ攻撃があり、内戦や対立が始まる。

■ 9月 ■
◎ イスラエルで対立によって多くの民間人が死亡する。
◎ メキシコで地震によって数千人が死亡する可能性。
◎ ブラジルでエネルギー危機の可能性、そしてこの先3年、数多くの大停電が起きる。
◎ ボリビアでガス危機が増加、国へ新たな問題。
◎ アルジェリアで地震によって数千人が死亡する可能性。
◎ テロリストたちがローマ(イタリア)を攻撃する計画を準備している。

■ 10月 ■
◎ ブラジルのフォルタレーザ州からサンパウロのグアルリョス空港へ向っている旅客機が墜落して二百人以上が死亡する。
◎ ソマリアで多くの反乱があり、観光客への攻撃も始まる。
◎ 日本で地震が起き、多くの犠牲者をもたらす。
◎ ブラジルのパラ州、アクレ州、アマゾン、北東の地域で干ばつによって水不足が深刻な問題になる。
◎ トルコで地震によって数千人が死亡する。
◎ ブラジルの南部で強風被害がある。
◎ インドで爆弾事件が起き、多くの人々が死亡する。

■ 11月 ■
◎ 鳥インフルエンザによってインドネシアやタイで新たな犠牲者が出る。
◎ イラクで紛争やテロ攻撃で64人以上の人が亡くなる。
◎ ブラジルで新たな国家予算の脱税スキャンダルが起きる。
◎ 病院や外国機関で人間の臓器売買に関するスキャンダルが告発される。
◎ ベネズエラで暴動が激しくなり、ウゴ・チャベスに対してテロ攻撃が起きる。
◎ ペルーで内戦が発生し、多くの死者が出る。

■ 12月 ■
◎ 人類が過ちに気付いて、意識を変化させる最後の期限。
(地球を汚染するのを止めて終末の苦しみを和らげる最後のチャンス)
◎ 台湾で地震があり、多くの死者が出る。
◎ フィリピンで大雨によって家が失われ、数千人が死亡する。
◎ サンパウロやリオ・デ・ジャネイロの空港で騒動が起き、大混乱となる。
◎ インドネシアで地震が起き、数千人の死者と負傷者が出る。
◎ ハリケーンがカリブ、メキシコ、そしてアメリカを直撃し、破壊をもたらす。
 
アグアス・デ・リンドーヤ市、2006年12月28日公証役場登録文書
ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース
(翻訳:山川栄一)
今回、ジュセリーノ氏によって予言された変動の未来を乗り越えるためのもう一つの指針として、一冊の書を推薦したいと思います。

未来学者アーヴィン・ラズロによる『カオス・ポイント』(日本教文社)です。
「持続可能な世界のための選択」というサブタイトルが付いています。
本書では、世界的な未来学者も「2012年が文明の存亡が決まる年」と分析しており、具体的にどうすればよいかを詳細に提案しています。資源の問題もさることながら、各自の意識のこと、つまり精神的なモデルについても提示しています。



地震やら洪水やらが多いですが、
日本では10月にも地震があると書いてますね。
ま、
気をつけましょう。
| 占い・運命 | 00:53 | comments(7) | - | - | - |
普段39Fで仕事しているので10月の地震は非常に気になります(・_・;)
| ちょぴん | 2007/04/17 2:35 PM |

2007年10月地震発生 ジュセリーノ氏予言 今迄 日本に関する地震の的中率は無に等しかったのですが10月に関しては下記の内容を基に発生確率が高いと思われます。
※2007年青春出版発行広重の暗号・坂之王道?東海道53次絵図→易暦54番 大津・2009年(2007〜2010年頃)
左端の絵図より牛車の車輪の外枠の杭数
1台目→7個 2007年
2台目→8個 2008年 3台目→9個 2009年
ノレンを左端より数えて10枚目に地震松が掛かり牛車を引いている人夫の服装は一人目は秋口の装い二人目は夏の装いですよって2007年と2008年の違いを表しているかと思います?1件目の茶屋のお客の装いも秋の装いです? 茶屋の瓦葺き屋根軒先縦線の描き方も7月から徐々に多くなって描かれて地震発生回数を表しているかと思います。
?? 井戸水の側の大人と子供は装いなどから夏の台風と洪水を表しているかとただ子供の両手の色違いが気になります。又バックにある山は富士山かと思います。そして回りの松の端端が赤く彩られ富士山の噴火を近い事を示してます。来年・再来年の間には阪神淡路大震災の絵図にある地震ススキの様なのが生えていますので大きい地震が多発するかと思います
| _Dw | 2007/06/18 10:38 AM |

前の人のコメントどうみても頭がおかしいよ
| | 2007/10/28 9:45 AM |

頭がおかしいんじゃなくここまで頭回るのはすごいな〜と思う。あなたこそ何も考えないで平々凡々と生きているのでは………
| 桍悵 | 2007/11/02 7:08 AM |

頭がおかしいんじゃなくここまで頭回るのはすごいな〜と思う。あなたこそ何も考えないで平々凡々と生きているのでは………
| 桍悵 | 2007/11/02 7:11 AM |

他にあればまたコメント2つ?の人教えてください。
| 桍悵 | 2007/11/02 7:14 AM |

12月に人類が気づく最後の年というものに凄く興味があります。誰か詳しい人いませんか?
| 桍悵 | 2007/11/02 7:19 AM |