RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

優雅で感傷的な?MASUろぐ

No judgement Only acceptance!(NativeAmericanより)
最初は六爻占術のことを書いてたんですが現在は、占い、不思議、その他で書いてます。
表題は高橋源一郎著「優雅で感傷的な日本野球」('87)の真似
<< ジュセリーノ先生 | main | こんなものいる? >>
シリウス暦
7月25日は新月でした。
またまた、eccoで新月のシェルを堪能。

今日になってmixiの日記にて、7月25日が「時間のない日」だったというのを知りましたので、
ちょっと調べてみました。 

Cafe☆Venus: 人生の波乗り  より
7月は 「13の月の暦(マヤ暦)」 では、13ヶ月目の最終月。7月25日の時間のない日(おおみそか)を境に、26日から新年となりますから、ここでまた、大きなエネルギーシフトチェンジが起こるでしょう♪ 

 
2006年7月25日は13の月の暦で言うと「おおみそか」だったようです。


そんな事とは気付きませんでしたが、意図せずにeccoの常連会員が集まってとある作業と飲み会をやったわけだ。
すげーなぁ。
 
太陽太陰暦(24節気)の大晦日は”節分”なのですが、
今年の節分も25日と同じようなメンバーで集まって、行く年を惜しむ会(飲み会)を行っておりました(笑)
となると、次はどの暦で大晦日?
 
ところで、
「時間のない日」の情報にあわせて、古代エジプトの暦の話が出てきました。なんでも、シリウスと関係している暦のようです。
で、
これも調べてみた。
504より
エジプトの暦の古い時代は1年が12朔望周期の太陰暦だったが、やがてナイルの増水の開始時期とシリウスが日の出直前に東の空に昇ってくるヘリオリカル・ライジングとが重なることに気づき、これに合わせて夏至を新年とした。

古代エジプトの暦であるシリウス暦は、暦の分類で言うと”恒星暦”なのですが、ほぼ太陽暦と同じだったようです。

シリウス暦とグレゴリオ暦を変換するサイトがなかったので、結局シリウス暦の新年がわかりませんが、夏至(6/21)は太陽暦なのでシリウス暦と全く同一ではないですが、古代エジプトの新年だったんでしょうか。

でも、
 エチオピア暦は古代エジプト暦とほぼ同じで、各月30日の12ヶ月と5日の余日からなっている。年初は9月11〜12日頃である。

と書いてある。
ん?
こよみ変換
で調べたら、エチオピア暦での今年の新年は9月11日のようです。
 
ほぼ同じって何が同じなんだ?
 
そしたらこんな記事があった
エジプト通信[まぐまぐ!] 
エジプトの新年は西暦で言うと  8月29日頃、シリウス星が夜明けの寸前に昇ってきて、ナイル  が増水を始めるころが、1月(トト月)の1日となります

 
謎が増えてしまった。
| 不思議 | 23:50 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
うんちく699では、ヘリアカル・ライジングは、7月下旬になってますね。シリウスさん、何時お日さまを従えて、東の地平線を昇るの?
| mo | 2006/07/27 8:52 AM |










http://blog.masu.us/trackback/551739