RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

優雅で感傷的な?MASUろぐ

No judgement Only acceptance!(NativeAmericanより)
最初は六爻占術のことを書いてたんですが現在は、占い、不思議、その他で書いてます。
表題は高橋源一郎著「優雅で感傷的な日本野球」('87)の真似
<< 『ダヴィンチ・コード』デコード decode(解読) | main | Aurora(アウロラ)ペンダント >>
シンクロニシティ文明7
先日エハンさんのメールマガジンが届いていました!
転載の問い合わせをしたところ、
Thank You!
Echan

というシンプルで必要十分な回答(笑)が来ましたので、掲載します。

メルマガを購読したい人は、
エハン・デラヴィ公式WEBサイトのトップページの
左上にメルマガ登録コーナーがあります。

3の「シュワスマン・ワハマン彗星」は結局何事もなく、25日(日本時間は26日)は終わりました・・・よかった。
と思ったら、
ジャワ島で大地震。ちょっと不気味ですが、隕石でないのは明白。

2006/05/25 No.007 エハン・デラヴィメールマガジン
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      Echan Deravy's Synchronicity Civilization           
     【エハン・デラヴィのシンクロニシティ文明7】

          翻訳・編集/愛知ソニア
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

□Today's CONTENTS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■1 【ご挨拶】
■2 【キリストとテンプル騎士団】
■3 【シュワスマン・ワハマン彗星】
■4 【スピリチュアル・フード】
■5 【プレアデス・光の家族】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■1 【ご挨拶】
===========================
みなさんにコミュニケーションするのが、長く途絶えてしまっていたことをまず、お詫び申し上げます。

その間、私はソニアとU Kに旅行してました。
旅行から帰ってきてからも二人ともそれぞれの新しい本にかかりっきりでした。

私は「電気的宇宙」に関係する本を今、もう少しで終えようとしています。
そしてソニアは再出版にそなえて、あのすごい本、「プレアデス光の家族」を新ヴァージョンに書き変えている最中です。それについては後ほどソニアから。
それから今回は「キリストとテンプル騎士団」のレヴューもお届けします。

ところで、この「シンクロニシティ文明」という私たちからみなさんへのコミュニケーションは、ニューズレターのようなフォーマットにこだわらないことにしました。もっとちがう雰囲気で、みなさんとリンクアップしたいのでこれからもご期待ください!

でも時間や枠に束縛されないで互いのコミュニケーションを保つことは大切で、今、たくさんの方々とリンクが生まれていることに感謝します。
これからもこの「シンクロニシティ文明」をぜひ、エンジョイしてください!

■2 【キリストとテンプル騎士団】
===========================
Christ and the Templars

4月下旬に出版された私の新作「キリストとテンプル騎士団」のポジティブなレヴューが早くも先週、いくつか届いたことはとてもうれしいです。そのうち次のものは、一番最初に届きました。
___________________________
この本は単なるキリストやテンプル騎士団について書かれた本ではない。今という時代、今を生きる人々への警鐘といえるでしょう。
---------------------------
キリストとテンプル騎士団:いま、話題の映画、ダ・ビンチ・コードの中でも、核となる重要なキーワードです。

エハン氏も言うように、キリストは、たぶんこの世で最も有名な人物の一人でしょう。しかし、ほとんどの人はこのキリストという人物について何も知らないに等しいのではないでしょうか。

また、テンプル騎士団!?聞いたこともない人も多いでしょう。テンプル騎士団は後にフリーメーソンという組織になるのですが、フリーメーソンをご存じの方も、なにやら怪しい陰謀組織だと思っている人も多いかもしれません・・・。

この本は、そんなキリストとテンプル騎士団について、エハン氏ならではの語り口で、痛快に語ってくれます。そして、この本は、今という時代に、なぜ、キリストなのか?なぜ、テンプル騎士団なのか?その答えが本書に隠されています。

いま、私たちは意識の進化という大きなパラダイムシフトの真っ最中です。エハン氏の言うように、進化はゆっくりと気がつかないうちに変化するのではなく、ある時、極めて短い時間の中で、大胆な変貌を遂げるのかも知れません。その進化の鍵がキリストやテンプル騎士団を通じて明らかにされます。

この本は、2004年と2005年に講演された内容に加筆され、
まとめられたものですが、とても新鮮で、驚かされるのは、エハン氏の膨大な情報量と知識です。まるでエハン氏本人が目の前で講義してくれているように、読み始めると次へ次へ読み進められます。

聞き慣れない言葉も多いかも知れませんが、とても読みやすく、痛快。それでいて、内容は深く、読み応えのある本です。

ダ・ビンチ・コードをさらに深めて理解するのにも役立ち、今という時代の大きな変化の中で、一つの観点として、お読みでない方には、ぜひ、読んで欲しい一冊だと思いました。

株式会社パーセプション 代表  和田達哉

■3 【シュワスマン・ワハマン彗星】
===========================
Comet synchronicities: シュワスマン・ワハマン彗星
Wednesday May 17 11:55 AEST

昨夜、緑色をした未確認飛行物体がクイーンズランドの上空をすごいスピードで駆け抜けていった。その物体はグレート・ディバイディング・レーンジ(大分水嶺山脈:オーストラリア東部海岸沿いの山脈)近くのトゥーンバとウォリックの間の所有地に落ちた。

その所有地の隣に住む農業を営むドン・ヴァーノンさんは、その物体が落ちてくるのを目撃して述べている。

「私は畑で仕事を終えて家に帰ろうと運転中でした。ちょうど自分の家のゲートまで来ると、目の前に真ん中が白く光る大きなグリーンの光の玉が現われ、尾根の後ろで姿を消しました。それであわてて、尾根の向こう側まで私は運手して駆けつけました。数分でそこに着いた私は車のライトを消すと、尾根の上空約4分の3マイル(約1K)ぐらいのところにグリーンの球体が見えました。そしてもう一つ、小さい球体が、尾根の側面をを転げ落ちていくのが見えたのです。どちらもグリーンに光ってましたよ。」と、年は70代ぐらいのヴァーノンさんは説明した。

さらにこれに加えて、その物体は隣の所有地の急な斜面で、しかも植物が生え茂っているところに落ちたので、発見は難しかったと彼は語った。

この彗星のような物体は彼のほかにもオーストラリア各地で何百人もの人々が目撃していた。クイーンズランド南東にある管制塔でも午後6時30分頃に観測されている。
___________________________

以上とよく似たレポートが他の国からも入ってきています。

天文学者ジム・ギャンブルは、5月4日に巨大な火の玉がエルパソ(テキサス州)の上空を横切るのを録画しています。その映像は
 こちら で見ることができます。

ご承知のとおり、大きな彗星は最近、多くの破片に破壊される現象が盛んに見られるようになってきました。

地球と月間の距離の10倍の位置(彗星の位置としてかなり地球に接近している)にシュワスマン・ワハマン彗星が発見されています。先ほどのオーストラリアのグリーンの球体は、実はこの彗星に関係しているようです。どうも、この彗星の頭の部分から分裂した破片だったようです。

私のブログ<http://echan.thd-web.jp/>でこの彗星のハッブル宇宙望遠鏡の写真を見ることができます。

インターネットでは今、地球がこの彗星のテールを通過すると騒いでいます。そして、その破片が地球に衝突するとまで予測しているのですよ。
どう思いますか?
私、個人としてはそんなことは起きないと信じていますが、でもこれにシンクロするような別のイベントも起きているのは事実です。

[Pacific Peril](太平洋危機)と呼ばれる3日間にわたる津波訓練が2006年5月23日から米国の州や連邦、地方自治体、
さらには、隣国カナダも参加して開始されました。

5月17日付のAP通信によると、アジアでも大掛かりな地震津波
訓練が行われているようです。

こういった出来事は互いに関係があるのでしょうか。でもこれからいよいよ、異変が本格的に起きそうですね。
すべては天にお任せ!

■4 【スピリチュアル・フード】
===========================
「干渉しないこと」をカスタネダに教えるドン・ファン

「ドン・ファンの教え」というヤキ・インディアンの呪術師の本を過去に読まれた方も多くいらっしゃると思います。
ドン・ファンという人はシャーマンで、その人の弟子であり、またこのシリーズ本の著者はカルロス・カスタネダという人類学者です。そのドン・ファンがカスタネダにいろいろと教える物語が書かれている1970年ごろのベストセラーです。

後のシリーズとして、

・分離したリアリティ
・イクストランへの旅
・力の話
・力の第二の環
・イーグルの贈り物
・内からの炎
・沈黙の力

が和訳されています。

余談になりますが、私はカルロス・カスタネダを教えた大学の教授に昔、京都で会ったことがあるんですよ。その教授は確か、
「カルロスは現実とファンタジーの違いが分からないんだよ」と言っていたのですが、私はそうは思いませんでした。教授こそ、頭の世界ばかりに暮らしているんじゃないか、とその時、思いました。

さて、そのカスタネダと師匠のドン・ファンはある日、カタツムリがハイウェーを横切るのが目に留まりました。ちょうど真ん中ぐらいまで、そのカタツムリは渡ったところでした。若い人類学者はそのカタツムリを助けようと近づきました。カタツムリを手で掴み、道路わきの安全な場所に置いてあげると、ドン・ファンのところに戻ってきました。

するとドンファンは、誉めてもらえるとてっきり思っていたカルロスにどなりつけたのです。

「バカ! なんてことをするんだ! 何も分かってないんだな、おまえは。あのカタツムリは自分の力でエネルギーを消耗させて
あそこまで行くことができたのに、おまえのせいでまた一からやりなおしだ。おせっかいなやつめ! おまえは助けてやったつもりだろうが、まったく逆をやってるんだよ。」

私はこのエピソードの深さを理解するのに少し時間がかかりました。
宇宙のすべてには、タイミングというものがあり、繭の中から出てくる蝶の新しい命のタイミングも決まっています。
地球の変容のタイミングも決まっているのです。
だから心配してもしかたがない。
その変容を加速させることも、逆に遅らせることもできません。
ちょうど今、開こうとしている私たちの進化の扉をこじ開けることもできません。

銀河にはそれ自身のスケジュールがあります。
すべてを委ねて、リラックスした気分で毎日を平和と美に生きる・・・
これは大天使ガブリエルから私へのメッセージでした。

私たちは、つい干渉したくなる生き物です。
でも干渉しないで自然に任せておくことの大切さを忘れないようにしましょう!

■6 【プレアデス・光の家族】
===========================
通称「Ps」と呼んでいる、バーバラ・マーシニアックがチャネルするプレアデス星人から人間へのメッセージが「FAMILY OF LIGHT」です。これは1999年にアメリカで出版された本です。

この本の翻訳依頼を私たちが受けた理由は、この本自体が別次元的なもので、この3−Dにどっぷり浸かっている左脳では到底、理解できない内容がぎっしりと詰まっているからです。そこでバーバラのセッションをなんども体験していた私+エハンに転がり込んできた最初の翻訳本となりました。

今から考えても最初の本にしては、一番ハードなものが与えられたようです。問題は英語でも日本語でもなく、私たちのトータル的な理解力がすべてはっきりと問われるものだったからです。

Psは2012年までにこの地球がどう変わっていくか、私たち、人間のコアからどのようにそれが始まるか・・・つまり、今までになかった「変化」の訪れを細かく説明しています。

今になって驚くのは彼らはその頃から、たとえば「ダ・ヴィンチ・コード」のような本が、2012年までに地球に現われ、キリスト伝説の真相をはじめとして、いろいろ暴かれていくことを予言していたことです。

さらには太陽の変化、電気のこと、DNAがどう変わっていくか、に触れているではありませんか。偶然!? 今、電気的宇宙についての本を書いているエハンでさえ、気づいていなかった!

無意識のうちにプログラムが入っていたのでしょうか?
さすがのPsです!

2012年までも諸々をいっぱい詰め込んだ弁当箱のような本です。今度こそ、消化不良をおこさないよいうにします。

「2012年」というのは宇宙からすれば、ほんの瞬きひとつの時間の一点に過ぎないとPs、はいいます。そこに辿り着く私たち、人類を具体的に描かれていています。
ともかく、すごい情報ばかりです。

今になってやっと気づいたのは、この「プレアデス・光の家族」は、まさに「2012年へのマニュアル」だったということです。
なぜ、あの時、そのことにはっきりとは気づけなかったか、と思います。
でもこれもすべて彼らのいう「計画の中の計画」でしょう。

1999年末にはこの本の念入りな翻訳が早くも出来着あがっていたのですが、私が出版社に送ったものが、突然、そのまま活字となってしまったのです。

「2012年のバイブル」といってよいほど意味深い一冊です。
「ネバーエンディング・ストリー」のように、読んでいくうちに不思議な世界に連れて行かれるのがはっきり分かる本です。

非常にパワフルな作品なので、この本が出版されるプロセスに、まさか、あんな形で「闇の家族」がご登場したとは!?
自分から? 出版社から? それとも・・・
すべてを知っている存在たちが・・・

それにしても妙なことを思い出したのです。この本が日本で出版される以前にバーバラが私に電話で、不思議なPsからのメッセージを伝えています。

「日本はまだその本のタイミングではない。絶妙なタイミングがやがて訪れるから気長に・・・」と、このような一言でした。

その時、私はその意味がはっきりと分かっていなかったのです。
今となって、ああこういうことだったのか、と始めて納得がいきました。

今、この「プレアデス・光の家族」の内容をしっかりと噛みしめながら、Psたちのメッセージを新しいヴァージョンにしています。
この「プレアデス・光の家族」新ヴァージョンは、8月出版予定となっています。

読者のみなさんが、Psのエネルギーとこれでしっかりと接続できるようにがんばっています。どうぞお楽しみに!

今日は「闇の家族」というちょっとヘビーな章にチャレンジします。Psたちは、現実をシンクロだらけにしてくれる達人です。

というか、確かに彼らのエネルギーによってシンクロしか見えなくなるのです。

どうか、皮肉なレッスンばかりじゃなく、お手柔らかに・・・

愛知ソニア
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆エハン・デラヴィ メールマガジン 
「ECHAN MAGAZINE」2006/01/06 No.001
バックナンバーはこちらをご覧ください。
こちら

◆発行:株式会社マラナサ ジャパン
〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘1-4-5
Tel:079-563-6610 Fax:079-563-6618 info@echan.jp

◆著者/エハン・デラヴィ ◆翻訳・編集/愛知ソニア

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
エハン・デラヴィ 無料メールマガジンをお友達にご紹介ください。
エハン・デラヴィ公式WEBサイトのトップページの
左上に登録コーナーがあります。
http://www.echan.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
━━━━━━━━━━━━━
■エハン・デラヴィのブログ(英語版のみ)
http://alchemica.blogspot.com/
━━━━━━━━━━━━━
■最新ニュースレター/トランスダイメンション(無料)
http://www.echan.jp/newsletter.html ←こちらから、お申し込みください。
--------------------------
エハン・デラヴィからの最新ニュースレター/トランスダイメンション(月1回/無料)メルマガやWEBサイトでは伝えきれないディープな情報を郵送でお届けします。

━━━━━━━━━━━━━
■エハン・デラヴィ リアルエイジ・ビデオNEWS(有料)
http://www.echan.jp/ra-vr-shosai.html ←こちらから、お申し込みください。
--------------------------
エハン・デラヴィ リアルエイジ・ビデオNEWS
エハンの最新インタビュー・WEBビデオニュースです。
毎月2回程度、最新ビデオが公開されています。
過去のアーカイブスも充実しています。
エハンが認める注目の人々との対談インタビュー。
新しい視点や考え方で、意識が高まり、世界の見方が変わります。
エハン・デラヴィ公式WEBサイトのトップページからご登録ください。
(有料/月2回程度更新/年会費12,000円)
【おしらせ!】
3月から、クレジットカード決済もご利用いただけるようになりました。詳しくはこちらをご覧下さい。http://www.echan.jp/ra-vr-shosai.html
--------------------------
※このメールマガジンの著作権はエハン・デラヴィ及びマラナサ・ジャパンに帰属しています。無断転載はご遠慮ください。
各種コンテンツへの転載にあたっては、事前にマラナサ・ジャパンまでご連絡ください。


| 不思議 | 01:00 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |









http://blog.masu.us/trackback/517050
家族の防犯護身=あなたの安全’備えてますか?
犯罪があなた・家族を狙ってます。<自分の身は自分で守りましょう!> 防犯用品,防毒マスク,護身術,盗聴盗撮発見,防弾チョッキ,防刃チョッキ,マイオトロン,防犯ブザー   貴方の記事の紹介はhttp://f55.aaa.livedoor.jp/~zzzzz/gsblog/index.phpでしています。
| 安全と安心『セキュリティトップ』 | 2006/06/29 1:06 AM |
誰でも楽々メルマガを始められる方法〜メルマガを発行してわくわくするような毎日とお小遣いを手にいれよう〜
無料レポートのご案内です。このレポートでは、メルマガを発行する為に必要な基礎知識を、全38ページに渡り説明...
| 無料レポートレビュー | 2006/06/30 10:46 AM |
江原ひろゆき オーラ カラー 診断
江原啓之に直接「悩み相談」できるチャンス!
| 江原ひろゆき オーラ カラー 診断 | 2006/08/16 6:00 PM |